匝瑳城(八日市場市田町字要害台、西ヶ城)

匝瑳城は、八日市場駅の北方700mほどの位置にあった。第2中学校の南の台地が「要害台」で、ここが匝瑳城の中心部であったと思われるが、この部分はすっかり宅地化されて城址は失われてしまっている。写真の県立匝瑳高校のある台地は「西ヶ城」と呼ばれ、出城があったところだと思われるが、この台地も学校となってすっかり改変されてしまって城址としてはまったく見る影もない。県道を挟んで「要害台」の東側の台地にも出城があったという。と言ったわけで城址としての面影を探すことは難しいが、中世には匝瑳党の本拠地だったという。匝瑳一族は、平常兼の4男常広が匝瑳八郎と称したことに始まるという。後、匝瑳氏からは、

鷲尾、飯高、湯浅、椎名、野手、松山、小見、山桑、飯倉、福岡、長岡、大浦、大田、井戸野、岩室、小田部等の在地領主が派生し、匝瑳党と呼ばれていたという。





















大竹屋旅館