多田城(佐原市多田字堀之内)


多田城は草深い多田の集落の、光明院や妙見神社のあるあたりにあったと言われている。光明院の周囲は、切り立った崖になっていて、城塁を思わせる。あちこちに空堀などが残っているという。多田城は東氏の一族である多田氏の城であった。多田氏はこの地の地頭職であったという。しかし城の由来として、将門の乱の後にこの地に来た多田蔵人源満仲によるものだともいわれている。多田の地名は彼にちなむものと言われ、光明院には「多田満仲公伝承地」という佐原教育委員会の建てた標柱も存在している。

写真は、光明院の阿弥陀堂。茅葺きのきれいな建物で、とても風情がある。




























大竹屋旅館