武石城(千葉市花見川区武石町)

*参考資料 『日本城郭体系』 『千葉県所在中近世城館跡詳細分布調査報告書』 『房総の古城址めぐり』

 武石城は、京葉道路の武石インターの400mほど南にある。馬加城のある台地とは地を接しており、800mほど東にあたる。真蔵院のすぐ裏手の比高10mほどの低い台地が城址と言われているところだ。城址には土塁などが残っていると言うが、畑地や墓地になっていて改変されているのか確認できなかった。Aの部分は、真蔵院側に張り出すような地形になっており、この部分がいかにも城館らしい地形である。


 源頼朝に従って功績を挙げた千葉常胤の三男が武石三郎胤盛で、彼の居城がこの武石城であったという。武石氏は4代ほどは、この武石の地にいたようだが、後には奥州に渡ってそこで勢力を広げている。鎌倉時代の居館の跡なので、堀のような大規模な構築物をもたない館だったのではないかとも思われる。

















 







































大竹屋旅館