東京都港区

品川台場群(品川台場・第一砲台・第二砲台・第三砲台・第四砲台・第五砲台・第六砲台・第七砲台)

 東京湾には海防上の目的のため、幕末に造られた台場が七つあった(品川の御殿山台場を加えると八つ)。そのうち、五つはすでに埋め立てられて消滅してしまったが、第三台場と第六台場の二つだけが、現在もその姿をとどめている。場所はまさに「お台場」であり、レインボーブリッジの真下辺りである。このうち第三台場の方は台場公園として市民の憩いの場となっている。Google Mapで見るとその形状をはっきり見て取ることができる。

 第三台場は、一辺が150mほどの正方形で、周囲を石垣で囲んでいる。

 第六台場は、第三台場の西250mの所に位置しており、大きさは第三台場よりも一回り小さく、変形の五角形をしている。第六台場の方は地続きになっておらず、草木も密集しており、内部の形状はよく分からない。

 その後、明治の林測地図を見てみたら、これらの台場群がすべて描かれているのに気が付いた。そこで迅速図に基づいて鳥瞰図を作成してみた。

 第四砲台と第七砲台とは工事途中で中断されたようで、特に第七砲台は、石積みの基礎だけが砲台の形に並べられているだけであったようである。

 上記の通り、第三砲台と第六砲台以外はすべて取り払われてしまっているが、それぞれの位置は以下の通り。

 品川台場の場所

 第一砲台の場所

 第二砲台の場所

 第三砲台の場所

 第四砲台の場所

 第五砲台の場所

 第六砲台の場所

 第七砲台の場所





































大竹屋旅館