東京都中央区

*参考サイト  浜離宮恩賜庭園

浜離宮(中央区浜離宮恩賜公園)

 浜離宮は銀座の繁華街のはずれ、海沿いにあり、現在は恩賜公園となっている。知らない人はただの公園と思っているかもしれないが、周囲には水堀が掘られ、石垣がめぐらされている。また虎口には枡形門の跡が歴然としてあり、かつて櫓門を乗せていた形跡がはっきりとしている。長辺が400m以上もある大要塞であった。

 浜離宮のある地は寛永年間までは将軍家の鷹場であったが、承応3年(1654)、徳川綱重が拝領し、別邸を建設するために海を埋め立てて建築工事を行ったのに始まる。綱重は甲府城の城主であったので、当時は甲府浜屋敷と呼ばれていた。

 綱重の子家宣は、第6代将軍となり、以後、この屋敷は将軍家代々の別邸として用いられるようになる。名称も「浜御殿」と改められた。

 その後代々の将軍家によって整備が進められ北が、11代将軍家斉の時に現在の姿に完成したといわれる。

 明治以降は皇室の所有となり、現在は恩賜公園として公開されている。




































大竹屋旅館