千葉県東庄町

*関連サイト 北総の秘めたる遺跡
*参考資料 『日本城郭体系』 『房総の古城址めぐり』 『千葉県所在中近世城館跡詳細分布調査報告書』

 

青馬城(東庄町青馬字八幡)

 青馬城は、青馬堰の南、四塚と呼ばれる原野の北側にそびえる比高20mほどの台地上にある。台地上は山林と化しているが土塁などが残っているという。「千葉家臣記」によると、青馬主計の居館であるという。また、地元では青馬弾正の居館であるとも言う。青馬弾正はかつて青葉弾正と言い、青葉城の城主であったが、彼の横笛に誘われてきた竜を退治したことにより、平将門に誉められ、青馬を褒美にもらったので、以降、青馬弾正と称するようになったと言う伝説が地元に残っているが、もちろん史実としては怪しい。





粟野城(東庄町粟野字城之腰)

 粟野城は粟野地区の西の端に突き出した比高20mほどの台地先端部にあった。北西800mには大友城が、東南1000mには沼闕城があり、ちょうどその2城を結んだ線の中間点くらいに位置している。

 台地の周囲は急峻な崖になっているのだが、台地基部の真東に当たる県道74号線から、この台地に上がっていく道がある。これを700mほど進んでいくと、道は未舗装になり、ビニールハウスの所に出る。その先には一軒の廃屋のような家がある。そのお宅の南側の脇をさらに進んでいくと、やがて台地の先端部に出る。この辺りが城址であるらしい。

 「城之腰」という明らかな城郭関連地名があるので、城であったことは間違いないのだが、明確な遺構には欠けている。耕作化によって早い時期に失われてしまったものであろうか。

 台地先端部には畑があり、その周囲には、横堀状の溝が穿たれている。しかし、これはどうにも新しそうで、近年のものであろう。

 結局、城郭遺構と思われるようなものを見ることはできなかった。台地北側の藪の中に入っていけばあるいは見つかるのかもしれないが、今回は探索していない。

 千葉一族東氏の氏族で、粟野氏を名乗っているものがいる。おそらくその粟野氏の居城であったものと推測される。以前の記述にあるように、かつてここから石棺が発見され、人骨や刀剣が出土したことがあった。ということからすると、ここは古代から高地性集落が営まれていた場所であり、古墳などが存在していたのであろう。




北西の大友城のあたりから見た粟野城。崩落地形のために、先端付近が削られている。 先端にある畑の脇には横堀のような溝があるが、これは近年の改変によるものであろう。
(以前の記述)粟野城は大友城の1kmほど東南にある。比高30mほどの台地で、位置から考えて、大友城の支城の1つだったと思われる。この台地も椿湖に突き出た半島状のもので、城址には空堀などが残っていたという。しかし、現在では土砂を取られてしまい、城址の大半は消失してしまった。城主は、東掃部助秀胤の子で、粟野弥九郎胤香であったという。かつて城址から石棺が発見され、人骨や刀剣などが出てきたという。




今泉城(東庄町東今泉字大堀)

 東庄町と銚子市との境界近くに今泉地区があるが、そのうち銚子市と接している辺りに、かつて比高20mくらいの広大な台地が東側に突き出していた。JR成田線の線路のすぐ西側一帯で、現在は先端の大部分が削り取られて失われてしまっているが、ここに今泉城があったらしい。

 大規模に削られてしまっているので遺構などは存在していないのではないかと思っていたのであるが、台地基部に御嶽(おんたけ)さんと呼ばれる神社が鎮座しており、その関係か神社周辺部だけが削り取られずに残されたようである。

 台地の削られた部分からでは御嶽さんにアクセスすることは不可能だが、西側一帯は台地続きで広大な畑地となっており、そちら側から御嶽さんのある部分に入ることができる。また、北側に参道が付けられており、北側山麓の集落辺りから登ってくることもできるようになっている。

 台地との基部にAの横堀が現存している。深さ5m、幅10mほどもある大規模な堀である。その先の土塁も郭内からの高さが2mほどもある大規模なもので、残存するこれだけの遺構からでも、本来、この城がかなりの規模を誇っていたであろうことを想像することは難しくない。

 かつてはこの辺りから台地が細くなり、先端の部分からみると基部にあたっていたのであろう。北側縁辺りに虎口が設けられている。
 御嶽さんの周囲にはBの土塁などもあるが、これは規模も小さく神社に伴うもののようである。

 現在残されている部分は以上ですべてである。しかし、本来、台地はこの先200m近く先まで延びていた。そうしたことを思うと、おそらくは先端部に主郭と呼べるような郭が存在しており、台地上には複数の堀が存在して数郭を持った城郭を形成していたのではないかということが容易に想像される。Aの堀は外堀ともいうべきものであったのだろう。本来、かなりの規模を誇った城郭であったはずである。

 『城郭体系』によると、昭和46年9月の台風によって台地の土砂が崩壊した。そのままでは危険であったので、北側の土砂を採取したのだが、さらに土地所有者が土砂業者に土地を売却したために、台地全体が大規模に削り取られてしまうこととなった。残存部分の南側は宅地にでもするつもりであったらしく基礎工事が行われている形跡があったが、バブル崩壊で放棄されてしまったのか、現在はヤブに埋もれつつある。
 
 城主は今泉九郎という者で、天正年間の築城であるという(『千葉家臣記』)。今泉氏は東氏の一族であったものだろうか。かつては城内から陶器類が多く出土したという。

台地下の東側の荒地から残存している部分を遠望したところ。本来は、今撮影している辺りまで台地が延びていたらいい。 御嶽さんの入口を内部から見たところ。。車道が付けられているので分かりにくくなっているが、左側には土塁が残存しており、土塁の向こう側には堀も現存している。ただしヤブの中である。
郭内部にある御嶽さん。本来は妙見社であったものだろうか。北側から登ってくる参道もあった。 Aの横堀。深さ5m、幅10mほどと大規模なもので、途中折れを見せている。かつての外堀であったものだろう。
(以前の記述)今泉城は、東庄町と銚子市との境近くにあり、大堀と呼ばれる半島状台地である。銚子の宮原館、諸持館からはいずれも1km以内という近い距離にある。ここも土塁や空堀が良く残っていたと言うが、現在では山を削られてしまい、城址の大半は消滅してしまった。城址に続く写真の山には土塁の一部があるとも言われるが確認はできなかった。手前の鉄塔がある辺りが城址だったのであろう。「千葉家臣記」によると、天正年間、今泉九郎兵衛というものがいたというので、彼の居城だったのではないかと思われる。




大久保城(東庄町大久保)

 大久保城は、大友城の800mほど西に位置しており、やはり大友城の支城の1つと考えられる。比高25mほどの南へ突きだした半島状の台地である。城址の辺りは土砂をかなり取られて改変されているので遺構もほぼ失われているものと思われる。城主等詳細は不明。



大友城(東庄町大友字政所台、遠所台)




鹿野戸城(東庄町笹川ろ字鹿野戸)

 鹿野戸城は、黒部川に臨む台地上にあったと言うが、宅地化され、現在では消失してしまっている。伝承によると東氏に関連して、物見台的な砦が台地の先端部に置かれていたと言うが、昭和46年に発掘調査された際にも特に見るべき遺構の発見はなかったということである。付近に東氏にゆかりのある妙幢院という寺院がある。



神田要害城(東庄町東和田字要害)

 神田要害城は、和田城のすぐ南西200mの所にある。やはり比高20mほどの台地で、要害と呼ばれている。和田城の出城だったものと思われる。
 『千葉県所在』の地図を頼りに付近を歩いていたが、どうもどこが城址なのかよく分からなかった。確かに付近には、切通しの通路や土塁と思われるものなども存在しているのだが、全体として城の形態をトレースできるようなものではなかった。


沼闕城(香取郡東庄町小南城山)



羽計(はばかり)城(東庄町羽計字要害)

 羽計城のある台地は削られてしまっているために、現在、遺構は消滅している。そこで、古い航空写真を見てみたのだが、その形状を把握することはできなかった。だが、旧帝国陸軍の作成した明治迅速図を見てみると、右の図のような形状を理解することができる。台地基部に堀切を入れた単郭の城館であったようである。

















                                                          
  羽計城は、大友城の2.5kmほど東北にある。「要害」と呼ばれる半島状の台地で、土塁や空堀などの遺構が良く残っていたと言うが、ここも土砂を取られてしまい、現在では遺構は消滅してしまったようである。写真の吉祥院のすぐ裏手の台地だったという。羽計を称する武将の居城だったと思われる。城主については羽場狩彦四郎光胤など、いくつかの伝承があるが詳細は明らかではない。

















堀掛城(東庄町窪野谷)

 大友城の1kmほど北西の広い台地上で、現在この地には神代小学校や神代幼稚園などがある。遺構は特に見られないが、かつてこの地に千葉氏が城を築こうとしたという。しかしどういうわけか、途中で中断してしまい、城は完成を見ずに終わったという。それゆえこの城址を掘掛城と呼ぶようになったというのである。



松平陣屋(東庄町小南字北宿)

  天正18年(1590)、徳川氏が関東を領有すると、松平三四郎定勝がこの地域の領主としてやってきて、陣屋を置いたという。県道多古笹本線に面し、蔵福寺の付近にあったというが、現在では遺構は見られない。



和田城(東庄町東和田字登城)







 
























大竹屋旅館