鶴牧陣屋(市原市椎津字鶴牧)

 鶴牧陣屋は江戸時代の陣屋で、文政10年、水野氏1万5千石の陣屋として営まれた。比高10mほどの台地上に二重に土塁を構え、要所に空堀を配していたという。台地の下には現在、姉ヶ崎小学校が建ち、その正門を入ってすぐ左手の脇に写真の「史跡 鶴牧城跡」の標柱が建っている。地元では鶴牧城と呼ばれているらしい。明治維新によって鶴牧藩が排されるまで5年間、水野氏の居城として用いられた。





















大竹屋旅館