長胤寺館(千葉市花見川区長作町)

 

 京葉道路の武石インターの東北1kmほど、県道千葉鎌ヶ谷松戸線の「長作入口」の信号から右に300mほど入ったところに長胤寺という寺院があるが、ここが長胤寺館の跡であるという。長胤寺と言うなから分かる通り、やはり、千葉氏に関連した寺院の一つである。近くに武石城もあるが、武石長胤が1232年頃に建立したものであるという。かなり由緒のある寺院だ。付近は宅地化されているが寺院のあるところはちょっとした高台になっている。比高はそんなに高くはないが、東側は急斜面になっている。また寺院の東南の脇に、高さ4、5mの土塁状の高だまりがある。これはひょっとして物見台か何かの跡かも知れない。また寺院の東側の入口の方には、中世の居館にありそうな門がポツンと建っている。





















大竹屋旅館