馬立館(市原市馬立)

 馬立館は、小湊鉄道馬立駅の東400mの所にある。写真の熊野神社のある辺りが館の跡であったという。土塁や虎口などが残っていると言うが、よく分からなかった。馬立というと思い出されるのが「更級日記」である。作者は受領層の娘として上総の国に生まれ、都にあこがれを抱き、13才の時に念願かなって上京できることになるが、出発してまず「いまたち」という所に泊まったとある。この「いまたち」というのが馬立の館ではないかと言われているのである。「更級日記」の馬立館と、この館跡とが同一のものかどうかは分からないが、何らかの関連はあったかもしれない。





















大竹屋旅館