潤井戸陣屋(市原市潤井戸字殿台)、潤井戸館


 潤井戸陣屋は、山木から茂原方面に向かう道と、県道五井本納線とが交差する三叉路のすぐ南にあった。この辺りは比高10mほどの低い台地上である。「神崎入り口」のバス停のすぐ南西であるが、陣屋跡は山林化していて、遺構の残存状況はよく分からない。この陣屋は永井直政が元和5年に上総国他に1万5千石となって築いたもので、寛永2年に古河城に移ってからは、廃されたという。

 

 潤井戸館は、潤井戸陣屋のわずか300mほど北西、信号機のあるところのすぐ北側にあったと言うが、詳細は不明。





















大竹屋旅館