和歌山県御坊市

*参考資料 『図解 近畿の城郭』

亀山城(御坊市湯河町丸山)

*鳥瞰図の作成に際しては『図解 近畿の城郭』の図を参考にした。

 亀山城は、JR紀勢本線御坊駅の北西300mほどのところにある比高110mの山稜に築かれていた。

 西側の山麓にあり、山頂までは車道が付けられている。ただし、この車道は、輪留めされているため、車で進入することはできず、歩いて登ることになる。

 亀山城は湯川氏の本城であるということもあり、訪問予定に入れていたのだが、ここまでの行程に予定したよりも時間がかかってしまい、御坊市に付いた時にはすでに日が落ちてしまっていた。そんなわけで、実際に訪れることはできなかったのであるが、残念なので『図説 近畿の城郭』掲載の図を基にして、参考までに鳥瞰図を描いておくことにした。次回和歌山に来た際には、ちゃんと訪れてみたい。

 湯河氏の平素の居館は、南側の平野部である小松原に営まれており、亀山城は緊急時の詰の城として築かれたものであった。ここでも山城と居館のセットが見られる。



 亀山城は湯河氏の京城として有名である。湯河氏はもともとは守護畠山氏の家臣であり、応仁の乱の際には、湯河氏は一貫して畠山政長方に付いて戦った。このような内紛で畠山氏が権威を失っていく中で、湯河氏は、やがて主家である畠山氏をもしのぐ勢力者として成長していくことになるのである。

 15世紀初頭には、将軍直勤で、守護不入権を持つ奉公衆となり、京都に屋敷を構えていたのではないかともいう。

 戦国期には日高郡・有田郡の2つにまたがる広大な領域を支配し、守護所であった広の地にも影響力を及ぼしていた。

 天正年間、織田信長と石山本願寺とが抗争状態になると、湯河氏は雑賀衆とともに本願寺に協力して織田軍と戦った。
 
 その流れがあったせいであろうか、天正13年(1585)、羽柴秀吉による紀州攻めの際に、湯河直春は秀吉に対して徹底抗戦をすることになる。

 亀山城は、当時の湯河氏の籠城用の城としては手狭であったためか、湯河直春は亀山城に路上することはせず、城を放棄して、熊野奥地に逃げ込んでいる。しかし、転んでもただでは起きない湯河氏であった。熊野山地に入ってからのゲリラ戦には羽柴勢もそうとう手を焼いたらしく、羽柴方の桑山・尾藤氏らはさんざんに「苦戦させられている。

 そのような状況の中で、やむを得ず秀吉は、湯河直春との和睦を認め、湯河氏は本領安堵されることとなる。このような結末になる例も珍しいが、地方豪族の意地を見せつけた形である。

 しかし、翌天正14年、湯河直春は突如として、変死する。湯河氏を快く思っていなかった羽柴方による毒殺ではないかと言われることとなったが、実際の所はよく分からない。

 直春の子、光春は羽柴秀長に仕えて3000石の所領を得た。その後、秀長の死後は浅野長政に仕え、関ケ原合戦後に浅野氏が安芸に転封となると、湯河氏も共に秋に移住していった。陪臣となりながらも家名を存続することには成功したのであった。そう考えてみると、室町時代初期から、かなり息の長い一族であった。






野口城(御坊市熊野)

*鳥瞰図の作成に際しては『図解 近畿の城郭』の図を参考にした。

 野口城は、県道25号線の熊野交差点の南西200mほどのところにあった。台地縁部を利用して築かれた単郭の城郭であった。
 
 昭和56年、の土整備事業が行われ、これによって城址は削り取られて耕作地となってしまった。そういうわけで、現在城の遺構は存在していない。そこで参考までに『図解 近畿の城郭』の図を基にして、復元鳥瞰図を作成してみた。

 堀に面する城内側には土塁が巡らされ、一部は横矢を意識した張り出しとなっており、ちょっと技巧的である。とうはいえ、長軸30mほどの規模でしかないので、居住用のものではなく、戦時に構築された陣城といった性格のものだったのではないかと考えられる。

 実際、発掘調査の際にほとんど遺物が検出されていないこと、城に関する伝承が存在していないことなども、それを裏付ける証左と言っていいかと思われる。


 野口城のある場所は、戦国期には玉置氏の支配領域であったが、川を挟んで湯河氏の領域を接する位置であった。天正13年(1585)の羽柴秀吉による紀州攻めの際、秀吉側に交戦した湯河氏に対して、玉置氏は秀吉軍に帰順した。そのため、湯川氏と玉置氏との対立は先鋭的となり、野口城はそのような状況の中で玉置氏によって築かれたものではなかったかと想像される。