和歌山県白浜町

*参考資料 『日本城郭体系』 『近畿中世城郭事典』

八幡山城(白浜町矢田)

*鳥瞰図の作成に際しては『近畿中世城郭事典』を参考にした。

 八幡山城は、JR日置駅の東南600mほどの所にある安宅の八幡神社の背後の比高60mほどの山稜に築かれている。南に300mほどの平場には安宅本城があり、この安宅本城の詰めの城に当たる城である。
 ちなみに、今回は訪れていないが、周囲には勝山城、古武之関城といった城郭群が展開している。日置川やこれらの城塞群によって安宅の平野部(居館と集落)を守るという構えである。

 登り口は八幡神社の西側脇にある。そこには案内板と入口表示があり、そこから山の周囲を北西にぐるりと長く回りこむようにして長く登城道が付けられている。

 この登城道は新しく付けられたもののようであるが、最終的に城の西側面下にある横堀中央の土橋の所に続いているので、本来の登城道に手を入れたものと解釈してもよさそうな感じである。

 ところで、この登城道を登り始めてすぐに、大量の石が転がっている箇所があったが、lこれはいったい何であろうか。もしかすると石垣に使用した石の残りなのか、あるいは投石用の石が余ったものであろうか。

 上記の通りに、この登城道は、大きく回りこんで西側下の横堀中央に到達するようになっている。途中の斜面はけっこう急峻で、山そのものもなかなかの要害であることがよく分かる。

 登城道の距離は長いが、その分、傾斜はそれほど急ではないので、それほどきつい山道ではない。それでも急いで歩いていたためかなり息が上がってしまったが、この先の横堀を見たとたん、その疲れは一辺にふっとんだ。

 横堀は予想以上の規模のもので、この城がかなり見どころのある山城であることを示していた。たいして期待していなかっただけにこれは大変な驚きでもあった。紀州の山奥の地方豪族にも、これだけの山城を築くだけの勢力があったのか!という思いである。もっとも、これはもともと期待していなかったが故の良い意味での「予想の裏切り」であり、かなり期待して登ってみれば、それほどのことでもないのかもしれない。ともあれ、想像以上にすごい山城であるという印象を抱いた。

 堀切中央部の土橋を直登するように登って行くと、2郭の虎口があった。本当に直登するような道である。現在はこれではきついせいか、上のほうで右側に回りこむように登り道が付いているが、もともとは直登するようなルートであったのだと思う。ここをまっすぐ登ってくる敵は自然と一列縦隊の傾斜姿勢になってしまい、2郭塁上からの攻撃にさらされたら、どうにもならないからである。ここで攻撃されたら、下の横堀に転げ落ちるしかない。この横堀も、本来はもっとえぐられたように鋭く深かったに違いなく、落ち込んだ敵は蟻地獄のようにもがいているところを、上から狙い撃ちされるという構えである。

 2郭の周囲には土塁が高く盛られており、一見、幅広の横堀のようにも見える。ところで、この土塁の側面部のところどころには石が積まれている。石垣というほどではないが、土塁の補強用に石積みをあちこちに使用していたようである。

 2郭に上がると正面にそびえて見える高さ7mほどの城塁の上が1郭である。現在の登城道は、1郭北側下の横堀を経由して1郭塁上に上がるようになっている。しかし、ここからでは1郭の虎口といえるべき場所を経由しない。1郭の西側には虎口状の切れと、出枡形のような小空間があるので、本来の登城ルートはそちらであったのかもしれない。

 1郭北側下の横堀は、けっこう幅が広くなっており、これも横堀というよりは腰曲輪の一種と見た方がよいかもしれない。土塁の外側下には尾根筋を分断する大堀切があり、尾根側から接近する敵を迎撃するのに良い場所となっているのである。この尾根側の堀切とそれに接続する竪堀も規模が非常に大きく堅固な印象を受ける。

 1郭は長軸30mほどの郭で、東側の土塁下には神社が祭られている。また周囲には高さ3mほどの土塁が廻らされている。かなり重厚な土塁である。1郭の内部には低い段差があり、2段構造となっている。

 2郭の土塁はそのまま土橋としても使用されていたようで、これが3郭へとそのままつながっていく。2郭土塁の東側部分はかなり幅広になっており、あるいはここに多聞櫓状の建造物が存在していたのではないかと思われる。

 深さ5m、幅8mほどの折れのある堀切を隔てて南側にあるのが3郭である。広さは1郭と同程度であるが、南側の堀切や、西側下の横堀に接続する竪堀などは、やはりかなり大規模なものである。

 八幡山城は予想以上に大規模な土木量を持った堅固な山城であった。安宅氏の勢力の大きさを感じさせてあまりある城郭であるといっても過言ではない。

日置川に架かる橋から見た八幡山城。ここからの比高は60mほどである。見た目よりも急峻な山である。 八幡神社の左手奥にある城址への登山道。ここから山の斜面を大きく回りこむようにして整備された登城道が続いている。
2郭下の横堀。いきなり大規模な遺構が迎えてくれるのであった。その規模には圧倒される。 2郭の虎口。脇に石積みがある。
1郭下の横堀への登り口。しかし、これは本来のものといえるかどうか・・・・。 1郭下の横堀。横堀というよりは土塁を伴った腰曲輪といった方がよさそうで、北側下の敵を攻撃するための塹壕的な機能をも有していたであろう。
1郭周囲には高い土塁が廻らされ、神社が祭られている。 2郭にあった石積みの跡。
3郭の土塁。けっこう高い。 2郭と3郭との間の堀切。折れがあるのがはっきり分かる。
 安宅氏については、下の安宅本城の解説を参照してください。




安宅(あたぎ)本城(白浜町安宅字城の内)

 安宅本城は安宅小学校の北西100mほどの所にある。現在も「城の内」という地名を残している場所である。日置川に臨む低地で、現在でも水田地帯の中に、低い石垣と堀の跡が残っているのが見えている。

 ただし遺構の残存状況は断片的であり、現状では明確に城館の形状を成しえていない。館の中央部分は民家となっているようである。また、水田化などによっても遺構が半分ほどは破壊されてしまっているように思われる。

 本来の構造は不明確であるが、2郭ほどを並列した城館であったように思われる。

 堀や石垣を有しているとはいえ、防御には不向きな平城であったたため、周囲には八幡山城のような詰めの城をいくつも配していたようである。





















安宅本城の堀跡。低い石垣が積まれている。 その南側の石垣跡。2郭にあたる部分であろうか。
 安宅氏は鎌倉時代から続く古い一族で、水軍を率い、紀州のみならず、阿波、淡路、河内などの各地で勢力を扶植した一族であったという。その先祖は小笠原氏であったというから名族の末裔である。小笠原氏は承久の乱の後に阿波・河内・紀伊の守護になっており、その一族が各地に定着し、安宅氏のような一族を生み出したわけである。 

 足利2代将軍義詮の時代、安宅氏は淡路国沼島の海賊を退治するため、淡路島の由良に渡り城を築いて居住した。

 その後の安宅氏は各地に氏族を配置し、やがてここを本拠地として、湊を造営した。紀伊水道や熊野灘の海上交通を掌握していたというから、かなりの権益を持っていた一族であったようだ。また同時に自身の水軍の拠点を構え、この地に巨大な勢力を蓄えていくことになる。

 安宅本城は享禄年間に築かれたものだという。

 ところが享禄3年、安宅氏12代の安宅大炊頭実俊の子安定丸と、実俊の弟定俊は、跡目相続をめぐって争いを起こした。一族で合戦を続けた挙句、安定丸が勝利を収め、実俊は自刃に追い込まれてしまうのだが、この争乱のために、安宅一帯はすっかり荒廃してしまい、これ以後安宅氏も振るわなくなっていく。安宅氏が戦国大名として成長を遂げ得なかった理由の1つはこうした一族による内紛劇による。

 とはいえ、その後も安宅氏はこの地の支配者として君臨し続けていたが、天正13年、豊臣秀吉による紀州征伐があり、一族は滅亡したという。


































大竹屋旅館