山口県周南市

*参考サイト  お城の旅日記  城郭放浪記  ちえぞー城行こまい

若山城(周南市若山福川)

*鳥瞰図の作成に際しては、現地案内板を参考にした。

 若山城は比高180mの若山に築かれた山城である。国道2号線のバイパスを東方向に走っていると若山の山容が見えてくる。さらに注意して走っていると、若山城入り口を示すわりと目立つ案内板が見えてくる。場所はこの辺りである。そこから車道をどんどん進んでいけば、鳥瞰図の二ノ丸まで行くことができる。山道とはいえ舗装されたいい道であり、安心して運転することができる。

 それよりも驚いたのは、この城のあちこちに「郷土の誇り陶晴賢」を称える看板や幟が立てられていることである。陶晴賢といえば、多くの人にとっては「歴史上のやられ役」といった認識しかないであろう。ちょうど豊臣秀吉にとっての明智光秀のような存在である。織田信長に対する今川義元、といった立場でもある。陶晴賢も明智光秀も今川義元もみな賢明でなかなかの人物であったらしいのだが、歴史上で彼らが脚光を浴びるのは主に「やられる場面」だけであり、それ以外のことはほとんど知られていない。しかし吉良上野介が地元では名君として人気が高いように、陶晴賢も、この土地の人々にとっては郷土の誇りなのである。

 そんなわけで、とにかくこの城は「陶晴賢」を称える雰囲気で満ちている。「陶晴賢を誇ろう!」ってな具合である。きっと地元の子供たちは「好きな武将は?」と聞かれたら「陶晴賢」と声をそろえて答えるのだろう。

 それともう1つ、道路のあちこちに(数10mおきくらいにである!)、若山城や陶晴賢のことを詠んだ俳句がぶらさがっている。車だとどんどん通り過ぎてしまうので、それらをいちいち読んでいくことができないのだが、歩いて登っていく人にとっては、長い登山道を飽きずに歩けるためのよいアイテムになっているのかもしれない。

 案内板によると、車で上がった所が「二ノ丸三ノ丸」となっている。「どっちだよ!」と突っ込みたくなるところなのだが、現在は同一の曲輪になってしまっており、両者の明確な区画はない。あるいは堀切が埋められてしまっているのかもしれないが、現状では1つの空間といったイメージでしかない。ここに車を停められるので、山上には数十台を停められるスペースがあるということになる。

 そこから西側の本丸を目指すと、その途中には、ごく小規模な帯曲輪が10段ほども連なっている。この程度の小さな帯曲輪がどれほどの防御力を発揮できるのか分からないが、一応は防御構造を形成しているものらしい。現地案内板だとこの遺構は「壇床」と呼ばれているらしい。聞きなれない名称であるが、確かにその通りの形状である。

 現在の登城道はこの脇に付けられている。ここを登っていった所が本丸である。本丸は長軸30mほどの楕円形の郭となっている。そこそこの平場ではあるが、虎口にも特に工夫は見られないし、土塁なども存在していない。そういえば、この城には明確な堀切のようなものも存在していない。わりと単純な構造の山城である。

 本丸の西側を20mほど降って行くと、若干の平場があり、その先が西ノ丸となっている。特筆すべきなのは、西の丸の本丸寄りの部分には石垣が積まれていることである。わりと単純な構造の山城なのであるが、この部分だけ念が入っている感じである。北側の竪堀辺りにはわりと石が転がっていたので、竪堀を掘った際に出てきた石を利用して築いたのかもしれない。西の郭は平場の面積もそこそこある。

 さらにその先に進んでいくと、蔵屋敷と呼ばれている平場があるが、こちらはヤブがひどすぎて内部に立ち入ることができなかった。

 さて、駐車場に戻る際には、本丸にまた上がることをせずに、斜面沿いに付けられた「陶の道」というのを通ってみた。これを通れば、水平移動だけで駐車場辺りの位置に出るのではないかと思ったのである。ところが、尾根が降っていくのに、駐車場の地形が見えてこない。どうも駐車場の方には向かっていないようだ。最初、気が付いていなかったのだが、本丸から北側に延びている尾根もあるようで、ここを通る登城道もあったようだ。このまま下まで降りていっては仕方がないので、途中から斜面沿いに進んで二ノ丸の方を目指すことにした。

 こちら側の斜面には畝状竪堀群が掘られている。これがこの城の構造上の大きな特徴なのであるが、北側の斜面だけに掘られているものである。どうしてこちら側の斜面がそれほど緩やかであるというわけでもないのにどうしたことであろうか。陶の道が大手道だったとするならば、こちら方面から登ってくる人は、まずこの畝状竪堀群を見て、これに圧倒されるのかもしれない。となれば、これはいわばデモンストレーション的な効果である。といっても、1つ1つの竪堀はそれほど大きなものではなく、どれほどの防御効果があったのかには疑問も感じる。写真に撮ってみたのだが、ちゃんと形状が把握できるような写真は一枚も撮れていなかった(xx)。

 畝状竪堀群をどう見るかという点が、この城の評価を分けるところであろう。先に述べたように、この城は、単純な構造の山城であり、かなり古いタイプのものといった印象を受ける。しかし、畝状の竪堀群というのは、一般的にかなり時代が降った頃に現れる新しい技術と言われるものだ。つまり畝状竪堀に注目してこの城の評価を下せば、かなり新しいタイプの山城ということにもなりかねない。

 しかし、全体としてみれば、この城が先進的な城郭であるとはとても思えない。したがって、先の観点のいずれを取るかと言われれば、「畝状竪堀を備えている古い山城」というのが正直な印象である。わりと古い時代から畝状竪堀が現れていたと見てもよいのかもしれない。

 あるいは次のようにも考えられる。この山城はあくまでも詰めの山城なのであって、陶晴賢は普段は山麓の居館で生活していたであろうし、実際に、この城を使用する場面などはもともとほとんどなかった。しかし大内義隆を殺害し、実権を握った頃から、詰めの山城にも多少の手を加えて防御に備えるようになった。畝状竪堀が出現するのはその際のことであると。

 いずれにせよ、現時点では確実な証拠はない。想像してみるのみである。

東南側から見た若山城。ここからの比高は180mほどである。 若山城の入り口にある看板。わりと目立っているので、登城口を見落とすことはないであろう。
二ノ丸・三ノ丸。そこそこの広さはあるが、両者を明確に区画するものはない。 三ノ丸先端から見た景色。海の方までよく見えている。う〜ん、景色がよくて気分がいい!
駐車場辺りから本丸方向に向かって10段ほどの続いている小規模な帯曲輪。現地案内板では「壇床」とある。 本丸にある若山城跡の石碑。
本丸の西側下にある西の丸。この入り口には高さ2m弱ほどの石垣が積まれている。 その先には蔵屋敷跡があるが、こちらはこのようなヤブ状態であり、よく分からない。
 若山城は陶氏の城郭であり、文明2年(1470)、陶弘護(ひろき)津和野城の吉見氏の侵攻に備えて築いたものであるという。

 その後、陶晴賢によって受け継がれたが、弘治元年の厳島の合戦で陶晴賢が討ち死にし、彼の領国が毛利氏によって接収されるに及んで、城も廃城となったのではないかと思われる。





































大竹屋旅館