山口県宇部市

宇部福原邸(宇部市中尾一丁目福原史跡公園)

 上宇部小学校の北西500mほどの所にある福原史跡公園が宇部福原邸の跡である。比高6mほどの低い台地の東側部分を利用したものである。

 歴史公園に訪れると、白い土塀や石垣、正面の石段や門などが見えてくるが、この多くは模擬建造物であり、本来の遺構がどの程度であったのかよく分からないことが多い。ある程度の石垣はあったろうし、土塀なども実際に巡らされていたのだと思われるので、模擬とはいえ実際には、旧状に近い部分もあるのかもしれない。 

 内部は公園となり、西側中央部には赤い稲荷神社も祭られている。



 福原邸は、寛永2年(1635)、長州藩家老福原氏が、宇部周辺8千石を領し、地元支配のために建てたものである。本来、邸内には平屋が2棟、土蔵が1棟あったという。


 福原氏といえば、幕末、蛤御門の変で長州藩を率いていた三家老のうちの1人、福原越後を思い出す。あの福原越後がここの領主であった。















福原邸入り口にある模擬門。 模擬門脇の石垣。
東側の城塁沿いにある石垣。 北側の土塀と石垣。




荒滝山城(宇部市東吉部荒滝山)

*リクエストに応じて、現地案内板の図を基にして作成した鳥瞰図。この城にはまだ訪れていない。

 荒滝山城は、円通寺の西方にそびえる比高350mもある荒滝山に築かれていた。


























































大竹屋旅館