山倉城(香取郡山田町山倉字土道)

 山倉城は、山倉神社と道を挟んで対峙する比高20mほどの独立台地上にある。台地上は一部は山林で、一部は宅地化されているが、台地上にあるお宅は、立派な長屋門を構えている。城址と言うことを意識して建てたのであろうか。伝承によると、飯高一族の山倉常春という者が城主だったという。山倉氏は後に上総本一揆で敗れ、後に府馬氏の領有となり、府馬氏が正木に荷担して落ちぶれた後は、ここに居住していたともいうが明らかではない。

 台地上には土塁が一部残存するというが、確認はできなかった。












山倉陣屋(山田町小川)

 

 山倉陣屋は、県道114号線のJA千葉山田の所から道を東に入り、道なりに北に500mほど行ったところの道の両脇辺りにあったという。側用人岡部因幡守の陣屋の跡であった。遺構等不明。






















大竹屋旅館