山梨県山梨市

参考資料 『日本城郭体系』 『甲斐の山城と館』

浄古寺城(中牧城・山梨市牧丘町浄古寺)

*鳥瞰図の作成に際しては『甲斐の山城と館』を参考にした。

 浄古寺城は、牧丘の八幡神社の北側一帯に展開している。比高30mほどの台地上であり、現在の航空写真を見てみても、その形状は一目瞭然である。八幡神社は城内にあり、ここが2郭に当たる。

 城内のほとんどは果樹園となっているせいか、城の案内板は本丸ではなく、この八幡神社に立てられている。したがって、城を訪れるには、まずはこの八幡神社を目指していくとよいであろう。ちなみに案内板には「中牧城」と記されており、地元では中牧城と呼ばれているらしいことが分かる。

 神社の辺りに車を停めて、早速歩きはじめる。神社の北側の7mほど高い最高所が本丸である。本丸は底辺が100m、上辺が80mほどの台形状の曲輪で、北西側にはかなり大規模な土塁が盛られている。特に北西の角は塁上の面積が広くなっており、ここが天守台と呼ばれる部分である。実際に天守が建てられていたかどうか分からないのだが、城の構造からしても、三層程度の天守が存在していたとしても不思議ではない。

 ちなみに、この土塁の南端部分には石碑が建てられており、そこに「中牧城本丸天守台跡」と刻まれているのだが、実際の天守台はこの位置ではなく、先に述べた北西角部分のはずである。

 現在見られる土塁はこの部分だけである。しかし、本来は全周するようになっていた可能性が高いと思う。南西や南側の堀は現在埋められて低くなっており、城塁の角度も緩やかになってしまっている。これは土塁を崩して堀を埋めた結果であると思われるからである。

 本丸の北側の堀はよく残っている。ここは織豊期の城郭らしく、幅は20m以上ある。堀底も畑となっているが、本来はもっと深く鋭かったのではないかと思われる。本丸を通っている道路はそのまま土橋となって5郭に接続していくが、その東側も大きく竪堀状になって落ちていく。

 堀の北側が5郭である。5郭にも土塁が残されているが、その幅は6m以上あり、かなり広い。多門櫓を設置するのに十分な広さのものであり、ここもまた北西の角は櫓台のようになっている。その北側に堀切があり、主要部の北限はここまでである。

 本丸の西側は堀を隔てて4郭となり、その西側は高さ8mほどの切岸となっている。この城塁に沿って水路が走っており、城内の水の確保は容易であったようだ。

 本丸の南側の一帯が広大な2郭である。2の周辺部もかつては横堀に守られていたようだ。この堀は、果樹園の設置によってだいぶ埋められてしまってはいるが、本来は2郭全体を廻るようになっていたと思われる。

 浄古寺城の主要部分は以上のとおりである。この周辺にも段々の平場がいくつも展開しており、この主要部を囲む外郭部が存在していた可能性もあるが、現状では、そちらの形状をはっきりとうかがい知ることはできない。

 それにしても、山梨では珍しく遺構規模の大きな城郭である。織豊期城郭というだけのことはあると思う。山梨で織豊期城郭と言えば、通常、甲府城しか思い浮かばないと思うが、実はこんなところにもう1つの織豊期城郭が存在していたのである。

 ただ、城内一帯が果樹園になってしまっているので、収穫時期の散策には気を遣わざるを得ない城址でもある。「李下に冠を正さず」は胸に刻むべき至言である。

2郭南側の横堀跡。 2郭にある八幡神社と城址案内板。
1郭土塁の先端部分。ここに天守台跡の碑があるが、天守跡はここではないだろう。 1郭北側の堀。右側が天守台。正面奥に富士山の頭が見えている。
1郭北東側の堀。 5郭北側の堀切。
5郭北西部分の櫓台。 2郭西側の道路脇にある土塁跡。
 平安時代末期から鎌倉時代にかけて、この地には安田義定の居館があったというから、古くから豪族の支配拠点であったものだろう。

 天正17年(1588)、甲斐を支配していた徳川家康は、この地に内藤三左衛門尉を派遣し、城を築かせた。ということからすると、近世城郭というよりは、むしろ織豊期城郭というべき城であったというべきものである。

 天正20年、小田原の役が終了すると、家康は関八州に転封となり、代わって甲斐には浅野長政が入部する。浅野氏は甲府城を築いて、そこを甲斐一国支配の拠点となった。その機能を失った浄古寺城は、それとともに廃城となって行ったものだと思われる。









































大竹屋旅館