吉見城(佐倉市吉見古屋下)

 吉見城は、東に突き出た吉見の半島状台地の先端部にあったという。比高20mほどで、北側や東側は特に急崖となっている。東側の斜面を上がったところには小さな金比羅神社が祭られている。また少林寺堂のある所も城址の一部だったという。

 実際訪れてみると、土塁らしきものが台地の各所に点在しているのが分かる。とはいえ、どれも区画性があいまいであり、城郭を構成するものとは思われなかった。実際の所、本当に城館があったのかどうかについても、懐疑的に感じる。

 付近には「古屋下」「中堀古」「馬場」といった城郭関連地名が残っているらしい。といっても、これらの地名が本当に城郭に関連して存在しているものなのかどうかも確信が持てない。

 城主等も未詳。


















少林寺堂から北側に下っていく道路の途中にある土塁。 さらにその先にある切り通しの通路。


























大竹屋旅館