静岡県磐田市

*参考資料 『静岡の山城ベスト50を歩く』

社山(やしろやま)城(磐田市社山)

*鳥瞰図の作成に際しては現地案内板と『静岡の山城ベスト50を歩く』を参考にした。

 社山城は、慈眼寺や諏訪神社の南側にそびえる比高100mほどの社山に築かれている。地図に掲載されている八幡神社が、社山城の1郭に祭られている神社のことである。

 城へのアクセス路は、北側にある。この辺りから案内が出ているので、それに従って進んでいけば迷うことはない。茶畑の間を通って山中に接近していくと、やがて車道は行き止まる。ここには車2台ほど寄せて置けるスペースがあるので、ここに車を置いて歩き始める。4郭の北側下に当たる部分である。ここから1郭までは比高30mほどである。

 道は4郭の側面部を切り通した通路となってその先の尾根につながっている。この通路は神社の参道として改変されたものであると思われる。本来の通路は4郭下の横堀のどこかを通って4郭内部に上がるようになっていたのではないだろうか。

 その先は郭ではなく登りの尾根となる。その中間あたりに堀切があって、区画されている。その先がもう1郭の城塁である。

 1郭の真下には堀切が入っていたようであるが、現状では木の橋が架かっており、これを通れば簡単に1郭内部に上がれるようになっている。しかし、2郭等を経由することなく、いきなり1郭内部に進入できてしまうので、このルートが本来の登城道であったとすると違和感を感じてしまう。

 1郭は長軸100mほどもあり、ここに八幡神社が祭られている。神社の背後には高い土塁が盛られており、また、1郭の北側と南西側の下にはしっかりとした横堀が掘られている。この横堀は、一部崩落してしまったようで、北西の角周辺では崖の地形となってしまっているが、本来の横堀は両者がつながっていたものと思われる。

 1郭下の横堀からさらに南西の尾根にかけて、段々の郭が造成されている。

 山頂はもともとはかなり広く長い地形だったのであろう。その中央部を掘り切って2郭との間の大堀切としている。1郭からいったん堀底に降って、側面部から2郭に登っていく。1郭側には土塁が積まれていた。それに対して1郭の2郭側には土塁は積まれていない。現在の参道が大手道だったとするなら、本来の主郭は、むしろ2郭の方であった可能性もある。

 その先の尾根もかなり広かったようで、中間地点に土橋1本を掘り残して浅い堀切を入れて区画している。

 堀切の先が3郭である。3郭の先は、地勢が降って尾根と接続していたようで、ここに2段の堀切を入れて、尾根側の接続を分断している。また、2郭の南北の城塁は鋭く切岸加工され、そのため南北いずれにも、数段の腰曲輪が生じている。

 社山城の主要部はこのような感じである。1,2,3が城の中心となっており、これら3つの郭を合わせると、けっこうな郭面積となる。その周辺部は、兵を置く場所というよりは、尾根防衛のための遺構群のように思える。

 社山城は、遺構規模がそれぞれに大きく、戦国期の拠点城郭を思わせるだけの規模を有した城郭であった。









南西側の道路から遠望する社山。ここからの比高は100mほどある。 城内に続く切通しの道。後世の改変の可能性がある。
4郭の脇から尾根を登っていく途中にある堀切。 1郭北側の城塁。
1郭北側下の横堀。 1郭に祭られている神社。
2郭との間の堀切。 2郭の城塁。
3郭との間にある浅い堀切。 3郭先端下にある2段の堀切。
1郭南西側下の横堀。見事なものである。 その下の尾根との間の堀切。
1郭北側下の横堀。 4郭北側下にもしっかりと横堀が残っていた。
 社山城の歴史について、詳細は分からない。平安時代には既に存在していたといわれるが、伝承上の話であり、真実かどうかは不明である。

 文亀元年(1501)には遠江守護であった斯波義寛がこの城を改修し、弟の義雄を入れて、今川勢に対抗したと言われる。城の構造や規模からすると、現在の社山城はこの時に成立したと見るのがよいのではないだろうか。

 結局、遠江は今川氏に制圧されてしまい、斯波一族は駆逐され二俣城に脱出していく。その後は、今川氏の武将によって城は維持されていたのではないだろうか。

 元亀元年、武田信玄の遠江侵攻の際、二股城は武田勢の包囲攻撃を受けることになる。その際に社山城を巡っても攻防戦が行われたと思われるが、詳しいことは不明である。







































大竹屋旅館